田園調布(ガーデン・シティー)の発想

田園調布の田園とは、「ガーデン・シティー」の訳だったとのこと。

田園調布が「庭園都市」として計画されていたことが広く知られていたら、

きっと、日本の都市計画にも大きなプラスの影響があったはずです。


街の美しい景観は、

人々の幸福感を高める大事な要素として、

もっと認知されるべきことのように思います。


日本の戦前までの街の風景が写っている写真を見ると、

当時の街は、とても落ち着いていて美しいのに気付かされます。

ですが、戦後になると、街は、

周囲との調和などお構いないビルと看板に、

見渡す限り埋めつくされてしまいました。

そのような場所で、気持ちが和むことはありません。


見て歩いて癒される街の景観を、

私たちは、いつか取り戻したい。

それは、私の子供の時からの想いです。

Think Beautiful

幸福な社会づくりのために必要なことをテーマに、日々の気づき、気になったことなどを書き溜めていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000